【鳥居坂46】から【欅坂46】に改名した本当の理由

欅坂46と鳥居坂46の関係とは?

AKB48の公式ライバルとして2015年8月にオーディションを開催した鳥居坂46。

しかしこの鳥居坂46が突然欅坂46と改名することになったところまでは多くの方々が知っていると思います。

しかしその詳細やなぜ鳥居坂46ではなく欅坂46担ってしまったのかと言う点をご紹介させていただこうと思います。

この事実が伝えられた時は関係者のほかにも1期生のメンバーたちもかなり驚いていた様子で、それもそのはず

鳥居坂46のオーディションを受けていたつもりが突然欅坂46になってしまったわけですから。

幾つかの理由があげられるのですが、

1つ目として「鳥居坂」と言う名称に権利が得られずクレームが入ってしまったということ。

この「鳥居坂

と言う表記は古くから皇族などが使っている名称らしく、許可が取れず急遽欅坂という名所になったということが考えられます。

2つ目の理由としては、テレビ朝日が大きな欅坂46にとって大きなスポンサーとなるため、テレビ朝日のある欅坂に名前を変えたという説も取り上げられています。

しかし、これだけでグループの名前を変えてしまうというのはおかしいと思われる方も多く、何か違う理由ではないかと言う意見が多く寄せられています。

3つ目の理由としてライブハウス「Zepp」との関係が途切れてしまったということ。

これは本来欅坂46が本拠地として活動する予定であった「Zeppブルーシアター六本木」との関係が途切れてしまう。

しかしもしこれが本当であれば改名前にニュースになっていたりするはずなので間違えである可能性が高いとされています。

そして最後に最も有力なのが、秋元康の方針転換ということで、オーディション時に仮につけたのがたまたま「鳥居坂」と言う名前であっただけで最初から欅坂の予定だったのかもしれませんね。

まとめ

いまだにはっきりとした理由はわかっておりませんが、有力とされる情報をいくつか紹介させていただきました。

もし欅坂46ではなく、鳥居坂46のままだとしたら今のテレビ番組や曲名、2期生の名前など随分と変わっていたかもしれません。

「欅って書けない?」が鳥居坂を意図した何か他の番組名へ。

「ひらがなけやき」が「ひらがなとりい」⇦これはさすがにないと思いますが、、笑

「TORIBINGO!」これは何か実際にあってもおかしくなさそうですね、笑

そんな感じで今あるものがすべてガラッと変わっていたのかもしれません!

今となっては当たり前のように「欅坂46」が定着してしまっていますが、もしかしたら鳥居坂でも欅坂でもない別の名前になっていた可能性もあったかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする