「インフルエンサー」個人PV Part3

前回に引き続き今回はPart3ということでタイプCを見ていこうと思います!

タイプBについてはこちらに書いてあるので見ていないという方は是非( ´ ▽ ` )ノ

「インフルエンサー」個人PV Part2

齋藤飛鳥さん

飛鳥マウス街に現るという作品。

こちらはパソコンのCMでおなじみのマウスの衣装を着てます!

仕草も何もかもが可愛くて癒されますね♪( ´θ`)ノ

つけ耳が本当に似合ってます。笑

普通にカフェに入って着て、チーズリゾットを注文し、食事をする。

普通のように思えますが今回の齋藤飛鳥さんはネズミという設定。

なのに猫舌なようなところも可愛らしく表現できておりました!

そしてなんとこちらへ向かってくる。。。

何ジロジロ見てるのと言われますが、

期待にも答えてくれる素晴らしい可愛さの齋藤飛鳥さんを見ることができますので一押しの作品です!

これは見ないと損ですね´д` ;笑

衛藤美彩さん

今回の衛藤さんの作品は東京に引っ越してしまうというもの。

映画の撮影などを行っている様子で写真を撮るシーンから始まりました。

先ほど撮った写真を現像するからということで真っ暗な部屋へ。

こういう部屋に入ると気持ちが増してくるのでしょうね。

地方から上京するときの気持ちなどは実際に経験した人でないとわからないとは思いますが

なかなか辛そうだなぁというイメージしかできませんでしたね(^_^;)

若月佑美さん

今回の若月さんはハンバーグの食レポというところから始まりました。

そしてお客さんに突撃インタビューということで店内に入る男性にインタビューしたのですがなんか不自然な会話に。。

妹がハンバーグが好きだからハンバーグを食べているという男性のお客さん。

その男性が外へ出ようとすると若月さんが「お兄ちゃん!」と呼びかけます

そうです、お客さんだと思ってインタビューした人がまさかの兄だったという展開に。笑

こんなことはあまりないかとは思いますが、仕切り直してハンバーグの食レポへ!

食べ始めるとなぜか泣き出してしまう若月さんでしたが、兄や家族のことを思い出してしまったのでしょうか。

やっぱり母親の作る料理というのはどんなに美味しいお店でも味わえない特別な味なのでしょう。

今回は齋藤飛鳥さん、衛藤美彩さん、若月佑美さんの3名をピックアップさせていただきました!

同感できるところなど様々なシーンがありましたね。

是非まだ見ていないという方は素晴らしい個人PVがたくさんあるので見てみてください!(^O^)

ご観覧ありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする